HOME > 義足 > 下腿義足  > 【殻構造】KBM式

下腿義足

【殻構造】KBM式

KBM式は、膝の側面を両側からソケットで包み込むようにして、義足を懸垂しています。

PTS式と違って、前方の膝のお皿の部分がくり抜いてあるので、腰掛けた時にソケットの上端が飛び出さず、衣類の上から目立つことの少ない義足です。

※こちらに掲載している製品は、装着者にあわせて
義肢装具士の方が製作・適合確認し、
必要な場合、修正・加工してご使用いただく製品の一例です。
ご検討の際は、義肢装具士の方までご相談ください。

用品リスト

現在用品は登録されておりません。

ページトップ