HOME > 義足 > 下腿義足  > 【殻構造】PTB式

下腿義足

【殻構造】PTB式

『下腿義足』とは、下腿切断(膝から足首まで間の部分の切断)に用い、様々なソケットのタイプがあります。

PTB式とは、膝のお皿のすぐ下の部分で体重をうける構造です。

断端にかかる衝撃を和らげるためのソフトインサートを付けて、ソケットの全部の面に接触することで、体重を支える効率や、断端の運動を義足に伝える性能が優れています。

膝蓋骨(膝のお皿)の上で、カフベルトというベルトを引っ掛けて、義足を懸垂しています。

※こちらに掲載している製品は、装着者にあわせて
義肢装具士の方が製作・適合確認し、
必要な場合、修正・加工してご使用いただく製品の一例です。
ご検討の際は、義肢装具士の方までご相談ください。

用品リスト

現在用品は登録されておりません。

ページトップ