HOME > 義手 > 肩義手  > 【骨格構造】肩甲胸郭間切断用

肩義手

【骨格構造】肩甲胸郭間切断用

『肩義手』とは、肩の関節からの切断だけではなく、肩甲骨からの切断と肘から上の骨(上腕骨)が少し残っている切断に対しての義手の総称です。

【骨格構造】とは、人間の骨格のように義肢の中心部分がパイプ構造の義肢。

肩甲胸郭間切断用とは、胸郭(胸部の骨格)を形成し、骨格構造部品とやわらかい外装で作られています。

※こちらに掲載している製品は、装着者にあわせて
義肢装具士の方が製作・適合確認し、
必要な場合、修正・加工してご使用いただく製品の一例です。
ご検討の際は、義肢装具士の方までご相談ください。

用品リスト

現在用品は登録されておりません。

ご質問の受付

■これまでのご質問

 

  現在ご質問は登録されておりません。

タイトル 【必須】
ご質問内容 【必須】
業種 【必須】
お名前 【必須】
メールアドレス 【必須】

※メールアドレスに記載ミスがございますと、
こちらからの返信をお届けすることができませんので、送信前にもう一度お確かめください。
ページトップ